2014年8月 9日 (土)

映画「るろうに剣心 京都大火編」

映画「るろうに剣心 京都大火編」を観てきました。

和月伸宏さんの人気コミックを実写映画化した、アクション時代劇の続編です。

幕末、新時代の到来と共に、剣心は「不殺」を誓う。

だが、剣心の後継者として人斬りとなった、志々雄(藤原竜也)は新政府への復讐に燃え、討伐を狙う。

新政府に助けを求められた剣心は、志々雄が率いる部隊との、京都炎上計画を阻止する戦いに挑む事となります。

見せ場の殺陣シーンは圧倒的なスピードと迫力で、壮絶!

この映画、現代劇ではないけれど、時代劇でもありません。

出演者其々の剣さばき、ゾクゾクするほど見事です。

_021m_2

8月3日に行われた「松山三津花火大会」の画像です。

_052km

_066m

_036m




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

映画「ローン・レンジャー」

映画「ローン・レンジャー」を観てきました。

ジョニー・デップの白塗り、縞々メイクの映画です。

このキャラクター、アメリカではとても有名定番だそうで、納得ずくのメイクらしいのですが

、私は最後まで、何故このメイクなのか理解できませんでした。

それにしても長い映画です。

随所には、テンション上昇の見せ場は在るのですが、これほど長い映画にする必要が有

るのでしょうか?

唯一、印象に残った場面は、音楽「ウイリアム・テル」と共に白馬に跨って爆走する列車の天井の上を疾走する場面。。。。

若しかしたら、この映画の主役は、この白馬だったかも・・・・

暑い夏の暑気払いに、冷房の効いた映画館はとても良いものですが、これほど長い映画だと、冷えすぎます。

_0028m

_0029m_2

_0024m

_0070m

2013夏祭りのイベント、打ち上げ花火は近くの公園の展望台から映しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

映画「私は王である」

チュ・ジフン主演映画「私は王である」を観てきました。
この映画、韓国時代劇には珍しいコメディです。

ファイティングポーズやガッツポーズ、果ては飛びけりなどをする王様が出てきます。

現実にはどうだったか分かりませんが、映画としてはとても面白かったです。

この映画の出演者、誰も笑って居ませんでしたが、観ている人はクスクス笑ってしまう、とても楽しい映画でした。

チュ・ジフンさん、相変わらずカッコ良い!!

2013年夏祭りのイベント、打ち上げ花火大会の写真を近くの公園の展望台から撮りました。

_0015m

_0017m

_0019m

_0039m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

涙そうそう?

   キンモクセイ(マクロ撮影)

0004m_1

映画「涙そうそう」を観た。

妻夫木聡さんと、長澤まさみさん主演。

ストーリーの展開、俳優さん達の好演。

どれひとつを取っても、想像した通り、それ以上でもなく、それ以下でもない思った通りの映画でした。

主演スターの二人はとてもキラキラしていてチャーミング、今ブレイク中と言われるのも肯けます。

四国育ちの私には、沖縄の生活感や、雰囲気がとても新鮮でした。

主役二人の幼年時代を演じた子役二人、健気で、可愛くてとても好演でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 2日 (水)

松竹歌舞伎

「松本幸四郎」の松竹歌舞伎、弁慶を観に行った。

幸四郎さんの弁慶は何度か観た事が有るが、今回は息子さんとの競演!!

生染五郎が観たい!!

ドラマ「プライド」や映画「蝉しぐれ」など現代青年の風貌の中に、何処か懐かしい粋でいな

せな雰囲気を合わせ持つ、私の大好きな俳優(歌舞伎役者)だから。

               300063mi         

 親子競演「勧進張」は想像以上に楽しく面白かった。

弁慶と染五郎の関所役人二人が舞台上並ぶと、僅かに息子の染五郎さんの方が大き

い。

  本来なら、弁慶より大きい一般人なんて、あり得ない(?)のだけれど!!!

             300037mi

| | コメント (0) | トラックバック (0)