2017年11月23日 (木)

映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」

映画「バリー・シール」を観てきました。

 

麻薬の密輸で莫大な富を築いた実在のパイロットを描くトム・クルーズ主演の映画です。

 

天才的な操縦技術で、政府の秘密作戦にスカウトされたパイロット、バリー(トム・クルーズ)

は、同時に密輸ビジネスにもにも関わってゆく・・・

正義の味方でも根っからの極悪人でも無いが、次々舞い込んで来る危険な仕事を請け負い

腕と度胸で、巨額な富を築いて行く。

 

トム・クルーズ自ら操縦したそうですが、低空飛行でのコロンビアの街並を遠望する景色は

素晴らしかったです。.

 

113_025m
       松山市平和通りのイチョウ並木です。
 
113_033m
              平和通り風景
 
113_012m
 
119_011m
            城山公園銀杏並木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」を観てきました。

1932年製作のホラー映画「ミイラ再生」をリメイクしたアクション映画

で、トム・クルーズが主演を務めています。

2000年の眠りから覚め、人類への復讐を開始した古代エジプトの王女と、

飛行機事故での死から蘇った男との、世界をかけた戦いの映画です。



トム・クルーズが演じたキャラクター、何を考え何をやりたくて逃げたり闘って

いるのかサッパリ解らず、ただ状況に流されるまま、飛んだり跳ねたりして

いる様に見えました。

理解力の無さか、ストーリーが分かりずらかったです。

_060m
   第52回松山祭り      オープニングカー

_061m
       松山市役所の皆さん  野球拳

_003m
            四国電力の皆さん

_013m
            四国ガスの皆さん

_033m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

映画「ラ・ラ・ランド」

映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。
 
一躍注目を集めた、映画「セッション」のデイミアン・チャゼル監督の、ミュージカル映画です。
 
売れない女優と、ジャズピアニストの恋を、ゴージャスでロマンティックな歌とダンスで描いています。
 
初めはぶつかり合う二人。
やがてお互いの才能と夢に惹かれ合い、共に道を歩む事になるが・・・・
 
若干32歳の監督が描く世界とは思えない、往年の名作ミュージカルを彷彿させるどこか懐か
 
しい作風のこの映画、本当に楽しかった。
 
冒頭のシーンからして圧巻!!
 
渋滞した高速道路の車のボンネットで群舞する歌とダンスは、本当に素敵で、ワクワクしまた
た。
 
華やかな、ダンスや、ジャズパホーマンスを贅沢に詰め込んでいたけれど、趣味が良く、何処
 
か懐かし良いバランスの映画でした。
 
悲しくは無いけれどチョット切ないラストも好きです。
 
_013m
      松山市内「阿沼神社」の椿寒桜     3月15日撮影
 
_017m
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

映画「海賊と呼ばれた男」

映画「海賊と呼ばれた男」を観てきました。

2013年本屋大賞第1位を獲得した、百田尚樹さんのベストセラー小説を、岡本准一主演、山崎貴監督で映画化したものです。

出光興産創業者、出光佐三氏をモデルにしたサクセスストーリーで、

主人公を岡本准一、その他吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一らが、

出演しています。

主要燃料が石炭だった当時、石油の将来性を見抜いて

主人公、国岡鐡造(岡本准一)は北九州市の門司で、石油販売業をはじめる。

様々な壁や、妨害が立ちふさがる中、型破りな発想と行動で、

自らの進む道を切り開いて行く。

当時の歴史的背景も良く描かれており、2時間半にも及ぶ長編ですが、

長さを感じさせず、大変感動しました。

_010m
   今年の干支絵馬の飾られた「伊佐爾波神社」です。

_013m
              本殿祭壇




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

映画「ジャック・リーチャー」

映画「ジャック・リーチャー」を観てきました。

リー・チャイルド原作の小説「ジャック・リーチャー」シリーズを

、トム・クルーズ主演で、実写映画化したサスペンスアクション「アウトロー」の

続編です。

元アメリカ軍のエリート秘密捜査官、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は

一人で旅を続けていたある日、喧嘩騒ぎに巻き込まれ、

元同僚のターナー少佐(コビー・スマルダース)に会う為、軍を訪れる。

スパイ容疑をかけられたターナーを救い出し、

軍内部の不審な動きがある事を知り、真相を探り出す事に奔走する。

この映画、硬派のトム・クルーズが楽しい!!

ストーリーに新鮮味はありません。

アクション映画としては、楽しめましたが、記憶に残るほどではありません。

ラストは少しほっこりしました。

こんな終わり方、かなり好きです。

Ol_002m
     憧れの羽田国際空港展望台からの風景

_021m
       横浜の「港の見える公園」から海を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

映画「インフェルノ」

映画「インフェルノ」を観てきました。

「ダビンチコード」「天使と悪魔」に続き、トム・ハンクスが、

ハーバード大学教授ロバート・ラングドンに扮するシリーズ第3弾です。

ハーバード大学教授ラングドン(トム・ハンクス)は

終日間の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目をさます。

何者かに追われたグランドンは女医に助けられ、病院を脱出する。

生物学者ゾブリスト(べン・フォスター)が人類増加問題の解決策として、

恐ろしい伝染病を世界に広めようとしている事を知り、

阻止するべく、奔走する事になる。

 

前作同様、謎解きが難解で、理解不能!

各所観光案内映画としては、かなり面白かった。

海外旅行をバーチャルで楽しむ気分が味わえます。

_014m
悪天候の為一日遅れの(15日)スーパームーンです。自宅庭にて撮影

_030m
       松山市平和通りの平和な銀杏並木です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

松山春祭り(2016)

久しぶりに「松山春祭り」大名行列を観に行きました。

テレビで、東京ディズニーシーのパレード一行が松山祭りに参加すると言うニュースを見たからです。

_038m
格別ミッキー大好き人と言う訳で無い私ですが、思わずテンション急上昇!!

_046m
  その他数名のイケメンダンサー達も居て、楽しかったです。

_024m
      松山藩主ご一行の大名行列の先頭

_033m
         お姫様役のタレント「IMARU]さん

_034m
               藩主のお殿様




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

道後温泉まつり(2016)

松山道後温泉まつりに行ってきました。

大勢の地元の人や、観光客で賑わうこのお祭りは、女神輿や郷土芸能大会など盛り沢山の催しで、大変な賑わいである事は知っていましたが、見物したのは初めてでした。

幾組かの女神輿の集団が、揃いの衣装に身を揃え、まことに華やか!!

見物しているだけで、気分はハイテンション!

_030m

_024m
        揃いのハッピに揃いの地下足袋

_004m
      郷土芸能「伊予万歳」  知る人ぞ知る

_023m
        神輿担ぎ上げ・・・・重いでしょう。

_001m
       

和太鼓グループ「雷人御一家による太鼓ショー」

女の子は長女で、五歳だそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

映画「ブラック・スキャンダル」

映画「ブラック・スキャンダル」を観てきました。

ジョニー・デップがFBIに、史上最高額の懸賞金をかけられた実在の凶悪犯を演じた映画です。

1970年代のボストンの裏社会、ギャング、政治家、FBIが入り乱れての、冷酷な悪物語です。

これが実録である事に、まず驚かされます。

罪の意識が無く、自分の正義が歪み始めても気が付かない人間の、脆さと儚さの中で、悪は成長して行くと言う事でしょうか?

悪が咲き誇ると言うのは、映画と言えども、気持ちの良いものではありません。

32_003m
        今年も咲いた、椿神社門前の椿寒桜

32_007m
     神社境内の満開の桜で春を楽しむ小鳥




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

石手寺節分祭

四国霊場88ヵ所の第51番札所、石手寺で行われていた「節分大護摩供祈願会」に行ってきました。

いきなり来場者を迎える弘法大師像、なんだかピカピカしていて新しい気がする。
23_001m


境内に入ると大勢の人達が、読経と共に燃え盛る護摩木に見入っていました。

23_008m

  コミカルな鬼達が、人々の厄を払ってあげていました。
23_019m


23_024m
     冬の青空にそびえ立つ国宝三重塔が見事です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧