2018年7月15日 (日)

映画「空飛ぶタイヤ」

映画「空飛ぶタイヤ」を観てきました。


池井戸潤の大ベストセラー小説「空飛ぶタイヤ」の映画化です。
ある日走行中のタイヤが突然外れ、通行中の主婦が亡くなると言う事故が起きる。
整備不良を疑われた運送会社社長赤松(長瀬智也)は、トラック自体の欠陥にきずき、
製造会社の調査を要求する。
だが、調査が進展せず、苛立った赤松は自ら調査を開始する。


池井戸原作と言う事と、豪華イケメン3人ポスターに釣られて鑑賞。
ストーリーも結末も知っていましたが、それなりに楽しめました。


中小企業の社長を長瀬智也さんが、泥臭く熱演。
ディーンフジオカさんは、颯爽としていて、この役に良く合ってました。
高橋一生さんは、思ったより出番が少なく、もっと見たかったです。
週刊誌記者の小池栄子さん、抜群の存在感で劇中に華を添えていました。



625_002m


   公園の花壇に咲いたアガパンサスです。この暑さで元気が無い。

625_013m


625_014m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

映画「万引き家族」



映画「万引き家族」を観てきました。

2018年第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した
ヒューマンドラマです。

家主である祖母の年金目当てに、マンションの谷間に取り残された古い平屋に
暮らす一家は、足りない生活費を万引きで補う生活ながら、笑いの絶えない明るい
毎日を送っていた。

子供との万引きシーンは、見るに堪えない程辛かった。
だいの大人が三人もいて、それぞれに稼ぎも有り、祖母の年金もあるのに、
子供に万引きをさせる必然性が全く感じられません。
貧乏で、底辺にしか生きられない人達の生活を、生々しく不潔に表現する為に、
「万引き」という言葉を使っているとしか、思えません。
鑑賞後感の悪さと相まって、胸のイラダチを禁じえませんでした。


617_013m


松山市御幸町にブラジルの桜と言われている、「ジャカランダ」が咲きました。
四国地方にはとても珍しく、ブラジルで見初めたオーナーが九州から苗を取り寄せ
育成したものだそうです。


617_018m


617_023m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「万引き家族」



映画「万引き家族」を観てきました。

2018年第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した
ヒューマンドラマです。

家主である祖母の年金目当てに、マンションの谷間に取り残された古い平屋に
暮らす一家は、足りない生活費を万引きで補う生活ながら、笑いの絶えない明るい
毎日を送っていた。

子供との万引きシーンは、見るに堪えない程辛かった。
だいの大人が三人もいて、それぞれに稼ぎも有り、祖母の年金もあるのに、
子供に万引きをさせる必然性が全く感じられません。
貧乏で、底辺にしか生きられない人達の生活を、生々しく不潔に表現する為に、
「万引き」という言葉を使っているとしか、思えません。
鑑賞後感の悪さと相まって、胸のイラダチを禁じえませんでした。


617_013m


松山市御幸町にブラジルの桜と言われている、「ジャカランダ」が咲きました。
四国地方にはとても珍しく、ブラジルで見初めたオーナーが九州から苗を取り寄せ
育成したものだそうです。


617_018m


617_023m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

映画「グレイティスト・ショーマン」

映画「グレイティスト・ショーマン」を観てきました。

 

様々なハンディの為、日陰にしか生きられ無かった人達を集め、誰も見た事の無い

ショーを作りあげたい伝説の興行師、P・T・バーナム(ヒュー・ジッャクマン)の

半生を、ミュージカルで描いた映画です。

 

19世紀の話なのに、ショーと楽曲が現代的でポップ。

映像と音楽で、一気にストーリーが展開して行くスピード感が、心地良い。

文句なく、楽しい音楽映画です。

 

325_001m_9

町内の裏道にヒッソリと華麗に咲いている桜「エドヒガン」です。

325_018m_3

                 陽光桜

324_007m_2

         大宝寺とうば桜(松山市の重要文化財)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

映画「マンハント」

映画「マンハント」を観てきました。
 
「レッドクリフ」「男たちの挽歌」の名匠、ジョン・ウー監督が日本のオールロケで制作した
 
福山雅治主演のサスペンスアクション映画です。
 
製薬株式会社の顧問弁護士、ドウ・チウ(チャン・ハンユー)は罠にはめられ、
 
殺人犯として追われる身となる。
 
敏腕刑事、矢村(福山雅治)はドウ・チウの無実を確信し、共に事件の真相を追う事にる。
 
 
日本の大阪がクローズアップされて懐かしい気持ちには成ったが、
 
1976年の高倉健主演映画の再映画化と言う事で、古臭い感は、否めません。
 
もう一人の主役、中国人俳優は、無表情で、感情移入出来ず、福山雅治さんは、
 
アクション、人物像共に、小奇麗過ぎて迫力に欠けました。
 
 
311_002m_4
総合公園の梅花ケンギョウです。今年もきれいに咲きました。
 
311_009m_2
          枝垂れ梅です。まだ3部咲きです。
 
311_023m
  これでも椿です名は、「発心紋」総合公園椿園にて。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

映画「結婚」

映画「結婚」を観てきました。
 
荒木荒野による直木賞受賞作品「結婚詐欺」をディーンフジオカ主演により映画化した作品
 
です。
 
ある時は小説家、ある時は空間コーディネーターと姿を変えながら様々な女性を翻弄して
 
ゆく古海健児(ディーンフジオカ)は、妻を持つ結婚詐欺師。
 
元々の時代設定がそうなのかもしれませんが、女優さん達の衣装に日常性が感じられず、

不自然で、違和感を感じました。
 
主演のディーンさんも残念ながら、その魅力を引き出し切れない感があり、
 
いつか、ディーンさんらしさが十二分に生かされた、美しくて感動的な大人のラブストーリー
 
を観てみたいです。
 
_042m_7
     伊予市のひょこたん池周辺の向日葵に行ってきました。
 
_001km
 
_003km
 
_011km
 
_030km
    とても見事な向日葵畑がひょこたん池周辺にありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

映画「忍びの国」

映画「忍びの国」を観てきました。
 
 
和田竜の人気時代劇小説で、侍と忍者が直接対決した「天正伊賀の乱」の映画化です。
 
 
天下統一に向けひた走る織田信長が、次に狙うのは忍者衆の住む伊賀の国。
 
その忍者の中に凄腕ながら、実は無類の怠け者で、女房の尻に敷かれながら緩い
 
毎日を送る無門(大野智)がいた。
 
物量で圧倒する織田信長勢を迎え撃つ伊賀忍者達の秘策が面白い!
 
 
前半、主役の無門に扮する大野智、独特のユルさと温かさが笑いを誘う。
 
だから、後半の本気モードが盛り上がる。
 
キレッキレの殺陣のシーンは、無類に楽しい。
 
戦国映画にしては、ラストのホンワカムードの終わり方は、少しホットした。
 
 
_045m
    今年も松山考古館に「大連古代ハス」がさきました。
 
_042m
            梅雨の合間に咲きました。
 
_024m
 
_003m
 
_031m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

映画「無限の住人」

映画「無限の住人」を観てきました。
 
沙村弘明原作の人気時代劇コミックを三池崇史監督が実写化した映画です。
 
伝説の人斬り万次(木村拓哉)は、妹の死により生きる意味を失った時、
 
謎の老婆に永遠の命を持つ死ぬ事が出来ない体にされる。
 
 
孤独の中で生きる万次の前に、剣客集団逸刀流に両親を惨殺された少女、
浅野凛(杉咲花)が現れ、仇討ちの助っ人を依頼される。
 
凛の姿に亡き妹の面影を見た万次は、用心棒として凛を守る決意をし、
壮絶な戦いに挑んでいく事になる・・・・・・
 
殺陣のシーンの迫力がスゴイ!!
 
特にラストシーンの大人数は圧巻でした。
 
横たわる屍の数の多さ!!
 
大音響の効果音と過激な血のり!!
 
優等生的な正義感や恋愛もなく、ただただ激しい殺陣シーン。
 
ここまで来ると、ある種の清々しさは有るけれど、少し長すぎます。
 
_004m
    今治市郊外の休耕田で栽培されている「ルピナス」
 
_012m
               北海道産だそうです
 
_021m
        総数約5000株  甘い香りが漂います。
 
_020m
 
_054m
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

桜の松山城(2017)

例年より1週間も遅かったけど、今年も松山城に桜がさきました。
_061m
この景色を見るたびに、松山に生まれて良かったといつも思います。
満開のソメイヨシノの中にそびえる、松山城大天守と小天守。    4月12日撮影。
 
 
_007m
          松山城登城道路からの眺め
 
_019m
            外塀にそびえる太鼓櫓
 
_039m
             一ノ門櫓と小天守
 
_046m
 
_045m
 
_040m
 
_051m
     松山城本丸最後尾にそびえる 北隅櫓と南隅櫓
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

映画「ゴースト・バスターズ」

映画「ゴースト・バスターズ」を観てきました。

幽霊退治に挑む科学者の活躍を、女性をメインキャスターで描くアクションコメディです。

アメリカのニューヨーク、コロンビア大学の素粒子物理学者のエリン(クリステン・ウイグ)は研究費を打ち切られ、大学を首になってしまう。

エリンは自らの知識と技術力を生かす為、幽霊退治の専門会社「ゴースト・バスターズ」を立ち上げる。

現代映像技術を詰め込んだ様な、明るく楽しいお化け映画です。

8_037m
     松山市考古館前に広がる東之池と百日紅

8_030m
           暑さに向かって咲く百日紅



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧