2018年7月15日 (日)

映画「空飛ぶタイヤ」

映画「空飛ぶタイヤ」を観てきました。


池井戸潤の大ベストセラー小説「空飛ぶタイヤ」の映画化です。
ある日走行中のタイヤが突然外れ、通行中の主婦が亡くなると言う事故が起きる。
整備不良を疑われた運送会社社長赤松(長瀬智也)は、トラック自体の欠陥にきずき、
製造会社の調査を要求する。
だが、調査が進展せず、苛立った赤松は自ら調査を開始する。


池井戸原作と言う事と、豪華イケメン3人ポスターに釣られて鑑賞。
ストーリーも結末も知っていましたが、それなりに楽しめました。


中小企業の社長を長瀬智也さんが、泥臭く熱演。
ディーンフジオカさんは、颯爽としていて、この役に良く合ってました。
高橋一生さんは、思ったより出番が少なく、もっと見たかったです。
週刊誌記者の小池栄子さん、抜群の存在感で劇中に華を添えていました。



625_002m


   公園の花壇に咲いたアガパンサスです。この暑さで元気が無い。

625_013m


625_014m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

映画「万引き家族」



映画「万引き家族」を観てきました。

2018年第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した
ヒューマンドラマです。

家主である祖母の年金目当てに、マンションの谷間に取り残された古い平屋に
暮らす一家は、足りない生活費を万引きで補う生活ながら、笑いの絶えない明るい
毎日を送っていた。

子供との万引きシーンは、見るに堪えない程辛かった。
だいの大人が三人もいて、それぞれに稼ぎも有り、祖母の年金もあるのに、
子供に万引きをさせる必然性が全く感じられません。
貧乏で、底辺にしか生きられない人達の生活を、生々しく不潔に表現する為に、
「万引き」という言葉を使っているとしか、思えません。
鑑賞後感の悪さと相まって、胸のイラダチを禁じえませんでした。


617_013m


松山市御幸町にブラジルの桜と言われている、「ジャカランダ」が咲きました。
四国地方にはとても珍しく、ブラジルで見初めたオーナーが九州から苗を取り寄せ
育成したものだそうです。


617_018m


617_023m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

映画「羊と鋼の森」

 
映画「羊と鋼の森」を観てきました。
 
 
第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの小説を、山崎賢人主演で映画化したものです。
 
 
高校生の外村(山崎賢人)は、ある日ピアノ調律師の板鳥(三浦友和)と出会い、
 
その調律したピアノの音色に魅かれ、調律師になる事を決意する。
 
羊と鋼とは、羊のフェルトのハンマーで鋼を叩いて音をだす、ピアノの事。
 
良く言えば、映像もセリフも音楽も美しい、心洗われる映画です。
 
ただ、森の場面が多すぎて、間延び感は、否めません。
 
調律の為の音とは言え、ピアノの音は本当に美しく、感動しました。
 
エンディングの久石譲さんと、辻井伸行さんのテーマ曲はもっと、ずっと聞いていたかった。
 
 
_0142
 
  松山市考古館に今年も「大連古代蓮」がさきました。梅雨の合間に訪れた人達は、
 
   雅な蓮を楽しんでいました。
 
610_014m
 
6_020m
 
610_026m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

映画「マンハント」

映画「マンハント」を観てきました。
 
「レッドクリフ」「男たちの挽歌」の名匠、ジョン・ウー監督が日本のオールロケで制作した
 
福山雅治主演のサスペンスアクション映画です。
 
製薬株式会社の顧問弁護士、ドウ・チウ(チャン・ハンユー)は罠にはめられ、
 
殺人犯として追われる身となる。
 
敏腕刑事、矢村(福山雅治)はドウ・チウの無実を確信し、共に事件の真相を追う事にる。
 
 
日本の大阪がクローズアップされて懐かしい気持ちには成ったが、
 
1976年の高倉健主演映画の再映画化と言う事で、古臭い感は、否めません。
 
もう一人の主役、中国人俳優は、無表情で、感情移入出来ず、福山雅治さんは、
 
アクション、人物像共に、小奇麗過ぎて迫力に欠けました。
 
 
311_002m_4
総合公園の梅花ケンギョウです。今年もきれいに咲きました。
 
311_009m_2
          枝垂れ梅です。まだ3部咲きです。
 
311_023m
  これでも椿です名は、「発心紋」総合公園椿園にて。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

映画「DESTNY 鎌倉ものがたり」

映画「鎌倉ものがたり」を観てきました。
 
西岸良平原作の冒険ファンタジー漫画の実写映画化です。
 
鎌倉に暮らすミステリー作家、一色正和(堺雅人)の所に、元編集者の亜紀子(高畑充希)
 
が、嫁いで来る。
 
この鎌倉の街は、魔物や幽霊、妖怪や死神など、人と人ならざる者達が仲良く暮らす街で
 
あった。
 
ある日亜紀子は不測の事態で、黄泉の国へと旅立ってしまう。
 
その亜紀子を追って、正和は亜紀子の魂を取り戻す為、黄泉の国へと向かう・・・・
 
妖怪も幽霊も好きでは無いけれど、この映画は全く怖くなかった。
 
主演の高畑充希さん、堺雅人さん、とても明るくていい人で可愛いくて、楽しかった。
 
 
1230_017m
               キダチアロエの花
 
12_039m
             道後伊佐爾波神社の絵馬
 
1230_003m
          総合公園に住まいする、一匹猫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月1日の初詣

11_006m_5
          厳島神社    随神門   三津
 
11_024m
         地元の中学生が奉納した絵馬
 
11_011m
                    本堂拝殿
 
穏やかかなお天気に恵まれた元旦、大勢の初詣で客で賑わう三津、厳島神社です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

映画「オリエント急行殺人事件」

映画「オリエント急行殺人事件」を観てきました。
 
1974年に映画化されたアガサクリスティーの名作ミステリーの再映画化です。
 
 
トルコ発フランス行き寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェット(ジョニーデップ)が刺殺され
 
る。
 
目的地以外共通点の無い乗客と車掌を合わせて13人が殺人事件の容疑者となり、列車に乗
 
り合わせていた探偵エルキュール・アポロ(ケネス・ブラナー)が事件解決に挑む事になる。
 
 
時代背景を考慮したレトロな雰囲気が上品で、映像がとても美しかった。
 
その上品な美しさのせいか、ドキドキ感や、ワクワク感に乏しく、時々襲い来る睡魔に苦戦し
 
ました。
 
ショット古臭いけれど、なんかいい感じの映画です。
 
ラストのやり取りも良かった。
 
 
1119_022m_3
           総合公園のの皇帝ダリアです。
 
025m
 
 
1119_034m
 こちらは皇帝ひまわりです。青空に聳えて咲いてます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」を観てきました。

1932年製作のホラー映画「ミイラ再生」をリメイクしたアクション映画

で、トム・クルーズが主演を務めています。

2000年の眠りから覚め、人類への復讐を開始した古代エジプトの王女と、

飛行機事故での死から蘇った男との、世界をかけた戦いの映画です。



トム・クルーズが演じたキャラクター、何を考え何をやりたくて逃げたり闘って

いるのかサッパリ解らず、ただ状況に流されるまま、飛んだり跳ねたりして

いる様に見えました。

理解力の無さか、ストーリーが分かりずらかったです。

_060m
   第52回松山祭り      オープニングカー

_061m
       松山市役所の皆さん  野球拳

_003m
            四国電力の皆さん

_013m
            四国ガスの皆さん

_033m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊」

 
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊」を観てきました。
 
ジョニーデップ主演の世界的大ヒットシリーズの第5弾です。
 
孤高の海賊、ジャック・パウロ(ジョニーデップ)とジャックへの復讐に燃える
 
「海の死に神」サラザールとの因縁の対決を軸に、過ってジャックと冒険したウイル・ターナと
 
その息子ヘンリー、孤高の天文学者カリーナが繰り広げる壮大なスケールで描かれる
 
アクション・アドベンチャー映画です。
 
 
2003年に始まったこのシリーズも、14年が経過して5作目。
 
ファン成長と共に中身も大人向けの要素が強く成ったと言うことか、ジョニーデップがあまり
 
全面に出ない設定が心地よかった。
 
大画面での奇想天外なアクションシーンと大音楽、とても楽しかった。
 
 
 
_007m
 
  松山市総合公園の第3駐車場近くに咲いた、アガパンサスです。
 
_002m
 
_011m
 
_013m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

映画「無限の住人」

映画「無限の住人」を観てきました。
 
沙村弘明原作の人気時代劇コミックを三池崇史監督が実写化した映画です。
 
伝説の人斬り万次(木村拓哉)は、妹の死により生きる意味を失った時、
 
謎の老婆に永遠の命を持つ死ぬ事が出来ない体にされる。
 
 
孤独の中で生きる万次の前に、剣客集団逸刀流に両親を惨殺された少女、
浅野凛(杉咲花)が現れ、仇討ちの助っ人を依頼される。
 
凛の姿に亡き妹の面影を見た万次は、用心棒として凛を守る決意をし、
壮絶な戦いに挑んでいく事になる・・・・・・
 
殺陣のシーンの迫力がスゴイ!!
 
特にラストシーンの大人数は圧巻でした。
 
横たわる屍の数の多さ!!
 
大音響の効果音と過激な血のり!!
 
優等生的な正義感や恋愛もなく、ただただ激しい殺陣シーン。
 
ここまで来ると、ある種の清々しさは有るけれど、少し長すぎます。
 
_004m
    今治市郊外の休耕田で栽培されている「ルピナス」
 
_012m
               北海道産だそうです
 
_021m
        総数約5000株  甘い香りが漂います。
 
_020m
 
_054m
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)