« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月28日 (日)

映画「追憶」

 
映画「追憶」を観てきました。
 
映画界のレジェンド、降旗康男監督と木村大作カメラマンが、
 
岡田准一を主演に迎えて描く、ヒューマンサスペンス映画です。
 
 
 
 
親に捨てられた3人の少年は、喫茶店を営む仁科涼子(安藤サクラ)の元に
 
身を寄せて暮らしていました。
 
 
だが、ある事件をきっかけに彼らは離ればなれになる。
 
それから25年後、三人は再会する。
 
それは、ある殺人事件の被害者、容疑者、そしてそれを捜査する刑事として。
 
 
 
辛く悲しい過去が、少しずつ明らかになってゆく過程が、重く切ない!!
 
 
主演は岡田准一さんですが、難しい役処の小栗旬さんの演技がとても胸に沁みました。
 
 
 
 
_009m
         今治タオル美術館とガーデン広場
 
_030m
                ムーミン広場
 
_014m
          タオル美術館につずくガーデン広場
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

映画「無限の住人」

映画「無限の住人」を観てきました。
 
沙村弘明原作の人気時代劇コミックを三池崇史監督が実写化した映画です。
 
伝説の人斬り万次(木村拓哉)は、妹の死により生きる意味を失った時、
 
謎の老婆に永遠の命を持つ死ぬ事が出来ない体にされる。
 
 
孤独の中で生きる万次の前に、剣客集団逸刀流に両親を惨殺された少女、
浅野凛(杉咲花)が現れ、仇討ちの助っ人を依頼される。
 
凛の姿に亡き妹の面影を見た万次は、用心棒として凛を守る決意をし、
壮絶な戦いに挑んでいく事になる・・・・・・
 
殺陣のシーンの迫力がスゴイ!!
 
特にラストシーンの大人数は圧巻でした。
 
横たわる屍の数の多さ!!
 
大音響の効果音と過激な血のり!!
 
優等生的な正義感や恋愛もなく、ただただ激しい殺陣シーン。
 
ここまで来ると、ある種の清々しさは有るけれど、少し長すぎます。
 
_004m
    今治市郊外の休耕田で栽培されている「ルピナス」
 
_012m
               北海道産だそうです
 
_021m
        総数約5000株  甘い香りが漂います。
 
_020m
 
_054m
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

桜の松山城(2017)

例年より1週間も遅かったけど、今年も松山城に桜がさきました。
_061m
この景色を見るたびに、松山に生まれて良かったといつも思います。
満開のソメイヨシノの中にそびえる、松山城大天守と小天守。    4月12日撮影。
 
 
_007m
          松山城登城道路からの眺め
 
_019m
            外塀にそびえる太鼓櫓
 
_039m
             一ノ門櫓と小天守
 
_046m
 
_045m
 
_040m
 
_051m
     松山城本丸最後尾にそびえる 北隅櫓と南隅櫓
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年7月 »