« 映画「ボクは坊さん」 | トップページ | 映画「陽光桜」 »

2015年12月 7日 (月)

ゲキ・シネ「蒼の乱」

ゲキ・シネ「蒼の乱」を観て来ました。

劇団☆新幹線が2014年に上演した話題の舞台を大スクリーンに映しだし映画として、公開したものです。

主演は天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一。

時は平安時代、地方の民は重税に苦しみ、朝廷の貴族は贅沢な暮らしを送っていました。

阪東武士である将門小次郎(松山ケンイチ)は都で渡来衆である蒼真(天海祐希)を助け、夫婦となって故郷である阪東の地に住むが、運命は二人を反乱軍の長として戦いの場へ身を投じさせる。

天海祐希さんの宝塚現役時代の生舞台を観た事はありませんが、このゲキ・シネを観ただけで、彼女の舞台人としての、何とも華のある惚れ惚れする様な、歌唱力、演技力、そしてスクリーンならではの細かい表情のアップは見応えがありました。

松山ケンイチさんは、舞台人としては今ひとつ、キャリヤ不足は否めないところですが、早乙女太一さんの相変わらずのキレキレで華麗な立ち回りと美しい身のこなしは、計算し尽くされた新幹線の舞台と合まって、完璧な仕上がりで魅了されました。

_024m
        今年の銀杏は城山公園

_007m




|

« 映画「ボクは坊さん」 | トップページ | 映画「陽光桜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124563/62852743

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ・シネ「蒼の乱」:

« 映画「ボクは坊さん」 | トップページ | 映画「陽光桜」 »